自律神経の乱れを治す方法|しっかり定期健診を受けることで肝臓がんの早期発見が可能です

しっかり定期健診を受けることで肝臓がんの早期発見が可能です

自律神経の乱れを治す方法

女性

自律神経が乱れる原因

頭痛や腹痛をはじめ、めまい・全身倦怠感・食欲不振といった症状には何らかの病気が背後に隠されている可能性があります。そのような症状が続くようなら、信頼できる内科を受診して一度検査を受けてみた方がいいでしょう。検査を受けても脳や内臓などに異常が認められない場合は、自律神経失調症と診断されることが少なくありません。これは正式な病名ではありませんが、自律神経の乱れが原因でいろいろな症状が発生している点では共通します。自律神経失調症の症状はこの他にも胸焼けや吐き気・便秘・動悸や息切れなど、多様な身体不調が含まれます。いずれも交感神経と副交感神経のバランスが狂うことによって、身体にさまざまな機能不全が起きているものと考えられるのです。人間の体は特に意識しなくても呼吸や食物の消化・血流・体温調節などの役割を自動的に果たしており、交感神経と副交感神経が適度に切り替わることで機能を調節しています。それらの自律神経はストレスや不規則な生活習慣によって乱れやすく、適切な呼吸や消化・血流を妨げてしまうのです。内科では症状を軽減させる薬に加えて、場合によっては自律神経調節薬や漢方薬を使った治療も行っています。

ストレス管理術を学ぶ

自律神経失調症を起こす最大の原因はストレスにあることから、治療には薬ばかりでなくストレス対策も欠かせません。人間は外部からの強いストレスを受けると交感神経が活発となり、呼吸が早まったり血圧が高くなったりします。これは人類がまだ狩猟生活を送っていた頃、絶えず肉食動物に襲われる危険にさらされていたことが由来です。危険を察知した場合にいつでも逃走や防御行動を取れるよう交感神経が働いて、身体の緊張が高まるような体質を獲得したのです。現在では肉食獣に襲われる危険性もなくなりましたが、同じ体質は受け継がれています。ストレスの対象が野生動物から人間関係や環境の変化といった要素に変わっても、体内では同じように交感神経の緊張という形で反応が起きているのです。過剰なストレスを受け続けると自律神経の調節機能にも狂いが生じ、自律神経失調症の状態となります。良い内科医はただ薬を出すだけでなく、こうしたストレス対策や生活習慣の改善なども適切に指導してくれるものです。医師から学んだストレス管理術とともに規則正しい生活を心がけていれば、暴走していた自律神経が正常に戻って体調も良くなっていきます。

Copyright © 2016 しっかり定期健診を受けることで肝臓がんの早期発見が可能です All Rights Reserved.