しっかり定期健診を受けることで肝臓がんの早期発見が可能です

急に体調が悪くなったら

外観

夜間や休日に具合が悪くなったら夜間診療を行っている病院に行きます。病院を探すには浦安市民のみが使えるけんこうUダイヤル24などに相談して下さい。夜間診療は1次救急医療病院である健康センターにある急病診療所に行きます。

もっと見る

自律神経の乱れを治す方法

女性

頭痛や腹痛・めまいといった症状の背後には何らかの病気が隠されている可能性もあるので、症状が続くなら内科で検査を受ける必要があります。検査で異常が見つからなかった場合は自律神経失調症と診断され、症状を和らげる薬や自律神経調節薬が処方されます。原因となるストレスや生活習慣の管理も医師が指導してくれます。

もっと見る

がん治療は進歩しています

病室

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんの克服方法はここで紹介されています。深刻な事態になってしまう前に早めにケアを受けておくことが大切です。

早期治療が効果的です

日本の病気による死因で、がんは上位を占めています。一方で、世界中でがん研究が進められている上に医療技術の改良が進められたことで、がん治療は格段に進歩しています。その結果、従来は治療が難しかった症例であっても、完治に繋がる可能性が高くなっています。肝臓がんは、劇的に治療率の高くなっているがんの一つです。肝臓がんの治療が難しかった要因として、肝臓の位置が挙げられます。他の臓器と密着しているため、診断装置による症状の発見が遅れやすかったのです。しかし、医療機器や診断方法の改良が進められたことで、早期の肝臓がんの発見が可能になりました。初期症状の肝臓がんならば、一層治療率は上がります。つまり、定期的な検診が効果的です。

日本で増加しています

日本における食生活は伝統的な食文化と比較して大幅に変化して、欧米に近い食事内容が一般化しています。肝臓は消化器官ですから、体内で消化する食材の変化の影響を強く受けています。消化に多大な労力を必要とする肉類の利用が増えていることで、肝臓への負担が増えています。その結果、肝臓がんの罹患率が、急激に増加しています。また、肝臓では活発な細胞分裂が起こっていることも、がん細胞の発生率を上げています。飲酒等で肝臓の活動が活発になれば、その可能性は一層高くなります。ただし、食事内容や飲酒量等は、日常的な習慣に大きく影響されます。したがって、食事療法等で食生活の習慣を改めれば、比較的簡単に肝臓がんを予防することができます。

一生だからこそ

女性患者

血液をろ過してくれる腎臓が働かなくなると、腎不全になります。移植以外に治せる方法がないので、人工透析を一生続けることになります。例えば、世田谷区やその周辺では夜間でも透析が受けられたり、送迎サービスまである所もあります。一生通うことになる場所ですから、慎重に選びましょう。

もっと見る

Copyright © 2016 しっかり定期健診を受けることで肝臓がんの早期発見が可能です All Rights Reserved.